人と人をつなぐおかやまオンラインポータルサイト ガンバルおかやま人を掲載。おかやまの隠れた魅力をみなさんへお届けします。

トップ  >  おかやまバトン  >  パンののはら おはようナーム 戸板 保江さん

[<   ワインのやまもと 山本 和志さん 吉備土手下麦酒 麦酒翁 永原 敬さん 野菜食堂こやま 小山 月枝さん パンののはら おはようナーム 戸板 保江さん 古布とお細工物の店 まねきねこ | 藤原 満津枝さん 山陽女子高等学校 | 放送部 クラシックバレエ教室 JOLI STUDIO | 講師:国岡 万純さん   >]

パンののはら おはようナーム 戸板 保江さん

天然酵母による手作りパン!

パンののはら おはようナーム 戸板 保江さん

岡山県は倉敷市の倉敷ICを降りたすぐ近くに天然酵母菌による手作りパンを作り続けている「パンののはら おはようナーム」がある。辺りは店名同様に野原が広がっており、とても穏やかな場所だ。
筆者が訪れた日も、とても天気が良く穏やかな雰囲気の中、純和風な造りをしたパン工房「パンののはら おはようナーム」が静かに佇まっていた。
店内へ入るとあのパン独特の香りがフワッと包み込んでくる、天然酵母ならではのフルーティーな香りだ。奥ではオーナーである戸板 保江さん(写真中央)の調理している姿が見え、他にも若いスタッフたちがパン作りに勤しんでいた。
今回は天気がよく気持ちの良い日ということで、パン工房の庭先にて戸板さんとそのスタッフさんたちに集まり撮影させていただいた!
またパン工房の中を実際に見せていただき、スタッフの慣れた手つきでパンが出来上がって行く様子を見ることができた!パン生地を手でこねる姿は、今やなかなか見れるものではないが、こうして見ると、あらためて機械に頼らず自らの手で作りあげて行くことのこだわりとその姿勢が伝わってくる。
...

食べるだけで元気になるパンを!

 

戸板さんは、今から15年前の平成4年にこの天然酵母パン工房をスタート!コンセプトは当時から現在まで変わらず、「酵母は生き物、呼吸のできる工房を」・「パンと家の共生・共存」、そして何よりも「食べるだけで元気になるパン!」を常にめざし、現在もひとつひとつのパンに想いを込めて作っている姿がそこにある。なので一日に作られるパンにもそれぞれ数があり、「無理な大量生産することによる、パンの品質低下に繋がるようなことは決してしない」と戸板さんは言う。

白血病だった母のために!

戸板さんが、この天然酵母パンを作るようになったのには理由があった。それは過去に白血病であった母に元気になって欲しいという願いが、この「食べるだけで元気になるパン」という想いに繋がっている。当時はそのパンを作るという過程の中において、自然食品の先生となる方がおり、その方にいろいろと自然食品による健康について学ばれたとか。はじめた頃はまったくの手探り状態だった天然酵母によるパン作り、独学による挑戦は5年はかかったらしく、そんな中でお客さんが食べてくれたときに「おいしくかった」とか「元気が出てきた」という言葉を聞くことが、更なる励みと繋がり、その挑戦は現在も続いている。そんな戸板さん、「野菜食堂こやま 小山 月枝」さんとは自然食品の先生との同期生ということで旧知の仲とか!互いに共通するキーワードは「健康」、素材の持つ本来の味を生かした美味しいを知ってもらい、そして元気になってもらいたい、そんな想いがとても強く伝わってくる。
今ではアレルギー疾患の方や天然酵母パン愛好者による来客も県内外から増え続けており、戸板さんの忙しさは休まるところを知らない。人工酵母によるパンが多い中、無添加・天然酵母パンの素晴らしさに気づく人々が増えていることは確かだ!

天然酵母は神様がくれたプレゼント!

純和風なスタイルで建てられているパン工房、戸板さんは「ここにはパンの酵母菌が住んでいる。」・「天然酵母は神様がくれたプレゼント!」と語る。つまり長年パンを作り続けて来たなかで、いつしかそこには酵母菌との共生・共存の関係ができていた。今やこの場所でしか出せない天然酵母とパンとの味のコラボレーションが誕生している。また人工酵母とは違い天然酵母はそのときそのときその瞬間により味が変わり、季節による春夏秋冬によりさまざまな味を出してくれるとか。同じパンでも季節による味の違いを楽しむこともできそうだ

ゆっくりした雰囲気を楽しんでもらいたい!

「パンののはら おはようナーム」では、単にパンを売るだけではなく店内にゆっくりとくつろぐことのできるカフェスペースがある。

この日も親子連れが2組ほど訪れており、パンとティーをわいわいと談話をしながら楽しいひと時を送っていた。

と言うことで、筆者も人気パンのひとつである「玄米飯パン」とオリジナルブレンド珈琲をいただいてみることにした。玄米飯パンは少しカリッと焼いた方が美味しくいただけるということで、スタッフの方にオーブンで少し焼いていただいた。そしてオリジナルブレンド珈琲とのハーモニーを存分に楽しみ美味しくいただき、外の景色を見ながらリラックスするのであった。庭先にもベンチがあるので、天気の良い日は外に出てカフェを楽しむこともできる!倉敷へ行くことがあれば、ちょっとした息抜きに訪れてみては如何だろうか、戸板さんの素敵な笑顔にも出会えるかも知れない!!

 

パンののはら おはようナーム

  • 店名:パンののはら おはようナーム
  • 住所:〒710-0004 岡山県倉敷市西坂1634-3
  • TEL:086-463-2424
  • 営業時間:午前10時?午後7時まで
  • 担当:戸板
  • 駐車場:有り
  • 定休日:日曜日/第一・第三月曜日


アクセスマップ

より大きな地図でおかやまオンラインを表示

[<   ワインのやまもと 山本 和志さん 吉備土手下麦酒 麦酒翁 永原 敬さん 野菜食堂こやま 小山 月枝さん パンののはら おはようナーム 戸板 保江さん 古布とお細工物の店 まねきねこ | 藤原 満津枝さん 山陽女子高等学校 | 放送部 クラシックバレエ教室 JOLI STUDIO | 講師:国岡 万純さん   >]