人と人をつなぐおかやまオンラインポータルサイト ガンバルおかやま人を掲載。おかやまの隠れた魅力をみなさんへお届けします。

トップ  >  おかやまバトン  >  中国茶迎館 巍 片山 由美さん

[<   株式会社アスコルバイオ研究所 | 山本 格(やまもと いたる)さん らんらん亭 | 松山 雅美(まつやま まさみ)さん 岡山県ブーメラン協会 中原 崇志さん 中国茶迎館 巍 片山 由美さん 島原実税理士事務所 島原 実さん Hair space Crowd 西島 雅弘さん 全盲の柔道家 長船 貢さん(32歳)   >]

中国茶迎館 巍 片山 由美さん

「以茶会友」 お茶を通じて友と会う、人との出会いが喜び

中国茶迎館 巍 片山 由美さん

2005年4月、岡山市南方に隠れ家的、中国茶専門店「中国茶迎館 巍」がオープンした。
お店のオーナー片山さんは、7年前の一握りの中国茶との出会いが、このお店をオープンしたきっかけと語っている。
以前もここは中国茶を飲む専門のお店だったようで、それをオーナーが自分流にアレンジさせ、引き継いだ形となっている。

 

店内は静かに佇っており、お客さんの一人一人がゆっくりとくつろげるように、とても落ち着ける空間となっている。

奥には個室や座敷なども用意されており、雑談をしながら中国茶を楽しむには最適だ。

中国茶迎館 巍では、お茶缶キープなるものができる。自分の好みに合うお茶缶をキープすることにより、毎日変わるデザートを楽しみながらお茶が飲めるというコンセプト。

18時以降はアルコールメニューも用意されている。中国ということで青島ビールは外せない!麗白プーアルや紹興酒などもあり、夜はお楽しみが増えそうだ。

聞くところによるとシークレットメニューもあるとかで、オーナーのちょっとした遊び心が伺える。

また各種料理を用意した貸切も可能。予算に応じたコースをオーナー自らの料理で歓迎してくれる。

 

オーナー自らがお茶の用意をする。専用の台の上で用意するその手際もさることながら、実際に見ていて楽しいものがある。中にはツボミのようなものをお湯に入れると、花びらが開花するものもあり、目を奪われる。いろんな癒しがこのお店にはあるのだと気がつく。もちろんオーナーとの会話も癒しの一つ。お茶を飲みながら会話し、ゆっくりと時間を過ごすのも良いものだ。

 

店内には、お店で扱っているお茶の販売コーナーがあり、お茶葉だけではなく、中国茶専用の茶器セットや、それらに関係するアジアン雑貨なども販売している。このコーナーでは、各種作品展の展示会なども行っており、何やらおもしろいアイテムたちがお客さんがくるのを待っているかのようだ。

カルチャー教室も行っており、オーナーと相談すれば自分の教室を開けるようにもなっている。中国茶を飲みながら、教室を開くのもオシャレかもしれない。
 

 

中国茶迎館 巍

  • 店名:中国茶迎館 巍
  • 住所:〒700-0807  岡山市南方4-5-10
  • TEL:086-232-5332
  • FAX:086-232-5332
  • 営業時間:AM 11:30?PM 21:00
  • 休業日:毎週月曜日・火曜日(祝・祭日の場合は開店)
  • URL: http://www.geocities.jp/gi_chinese_tea/


アクセスマップ

より大きな地図でおかやまオンラインを表示

[<   株式会社アスコルバイオ研究所 | 山本 格(やまもと いたる)さん らんらん亭 | 松山 雅美(まつやま まさみ)さん 岡山県ブーメラン協会 中原 崇志さん 中国茶迎館 巍 片山 由美さん 島原実税理士事務所 島原 実さん Hair space Crowd 西島 雅弘さん 全盲の柔道家 長船 貢さん(32歳)   >]