人と人をつなぐおかやまオンラインポータルサイト ガンバルおかやま人を掲載。おかやまの隠れた魅力をみなさんへお届けします。

トップ  >  おかやまバトン

おかやまバトン

11 番 - 20 番を表示 (全 21 枚)  « 1 (2) 3 »

森のギャラりー寛(くつろぎ)

森のギャラりー寛(くつろぎ)
岡山県は備前市、兵庫県赤穂市との県境に近い峠の中に静かに佇む一軒の古民家「森のギャラりー寛」がある! 山々に囲まれたその場所は、ちょっとしたドライブを兼ねて訪れるには最適で、近くには関谷学校といった歴史ある名所もある。
重みのある木製の玄関を一歩入ると、奥からはオーナーが快く出迎えてくれた。
屋内へ導かれると、いっそうと静寂に包まれた空間が広がり、オーナによって上品に飾られたさまざまな骨董品が淡い光に包まれながら出迎えてくれる。
主に山形県の庄内箪笥をメインに陶磁器・漆器・アンティークガラス・ランプなどが鎮座している。とくに箪笥はわざわざ山形県まで出向き、オーナーのほれ抜き厳選された品々が!
和式の箪笥にもこれほど立派なものがあるのかと感心すると同時に日本文化の奥深さを思い知る。箪笥を見る傍らオーナーの説明もまた聞き応えがあり、いろいろとその背景などを知ることもできる。
...
特集ページへ

大鳥居国際教育総合研究所 大鳥居 誉啓さん

大鳥居国際教育総合研究所 大鳥居 誉啓さん
岡山市津島東にて個人で専門スクールを開校している「大鳥居国際教育総合研究所」の代表:大鳥居 誉啓さん。
同校は昨年2000年4月にオープン。主に公務員試験に向けた講座と外国語(英語・スペイン語・韓国語・ロシア語など15ヶ国語)を開いている。現在の仕事を開業する以前も専門学校にて公務員試験の講座の講師として受け持っていた時があり、13年間勤続という長いキャリアをいかし、自ら開業をされている。公務員講座では100%合格をモットーに少人数にて教室を開いている。
特集ページへ

京山地区ESD環境プロジェクト from 山陽女子高等学校 放送部

京山地区ESD環境プロジェクト from 山陽女子高等学校 放送部
今回から「おかやまバトン」では、山陽女子高等学校 放送部の皆さんとによる動画撮影によるさまざまな地域おける紹介をしていくプロジェクトがスタートしました!毎回というわけではないですが、是非みなさん動画を視聴してください。高校生の視点からの物づくりが伝わってきます!
ということで、今回はおかやまオンラインスタッフは影からそっと応援しておりました。
と口調がいつもと違いますが、ご勘弁を!それではお楽しみください!
特集ページへ

株式会社アスコルバイオ研究所 | 山本 格(やまもと いたる)さん

株式会社アスコルバイオ研究所 | 山本 格(やまもと いたる)さん
市内から岡山空港へ向かう中、岡山市芳賀に「岡山リサーチパーク インキュベーションセンター」というベンチャー企業支援施設がある。主にバイオ・機能性食品系 ものづくり系 IT系といった3分野のベンチャー企業が集い、岡山県での産業振興を図ることをミッションとしている。
そんな中でアスコルバイオ研究所は社名から分かる通り、バイオ・機能性食品の研究をメインとし、代表の山本さんが開発した「プロビタC」を中心にさまざまな商品が開発され続けている。
今回はそんな「プロビタC」という商品を研究・開発した経緯についていろいろとお伺いした。
山本さんは、元々大阪大学の薬学研究科に所属しており、当時は癌(ガン)に対する抗がん剤の研究を専ら行っていたとか。そして、その研究と開発における過程にて現代医療の在り方に疑問を持つようになった。
山本さん曰く、現代医学におけるそれは「対症療法」であり、決して「根治療法」と言えるものではないとか。それは薬における分野も同様で、その症状を治すというよりも抑えるといったことに重点が置かれており、あたかもその症状を隠してしまうかのようなものであると語られていた。またどのよ
...
特集ページへ

らんらん亭 | 松山 雅美(まつやま まさみ)さん

らんらん亭 | 松山 雅美(まつやま まさみ)さん
岡山市中心部から西へ少し行ったところに西古松という所がある。ちょっとしたマンションやビジネス街として振るっており、交通量も多い。
そんななか自然食品店「エコロジー・ナチュラルスイーツらんらん亭」が静かに佇まっている。正面玄関には大きな暖簾があり、らんらん亭の雰囲気がそこから充分に伝わってくる。
そう、「元気」なイメージが伝わってくる。
特集ページへ

岡山県ブーメラン協会 中原 崇志さん

岡山県ブーメラン協会 中原 崇志さん
2002年7月、岡山県ブーメラン協会は設立された。当時はまったく無名の存在で協会の人たちもブーメランの普及にさまざまな企画をしていたようだ。
当初からはソフトブーメランといって、日本ブーメラン協会が認定している室内外両用のブーメランを中心に、牛乳パックを使った手作りブーメランなどの工作を取り入れた活動している。
最近では競技用ブーメランも取り入れており、ますますブーメランの楽しさを知ってもらおうと意欲的だ。
特集ページへ

中国茶迎館 巍 片山 由美さん

中国茶迎館 巍 片山 由美さん
2005年4月、岡山市南方に隠れ家的、中国茶専門店「中国茶迎館 巍」がオープンした。
お店のオーナー片山さんは、7年前の一握りの中国茶との出会いが、このお店をオープンしたきっかけと語っている。
以前もここは中国茶を飲む専門のお店だったようで、それをオーナーが自分流にアレンジさせ、引き継いだ形となっている。
特集ページへ

島原実税理士事務所 島原 実さん

島原実税理士事務所 島原 実さん
「既存事業の継続だけでなく、これから新たに事業を起こそうとしている人たちの力にも積極的に携わっていきたい。」。そう話す島原さん自身も、若き起業家の一人だ。
一昨年前にはとある起業家セミナーに参加し、島原実税理士事務所開業におけるノウハウを身につけた。事業計画書も優秀賞をもらうなどし、開業における確信と自信を得ることができたようだ。
特集ページへ

Hair space Crowd 西島 雅弘さん

Hair space Crowd 西島 雅弘さん
理容西島が始まってから4代目を継ぐ西島 雅弘さん。中学生の頃から後を継ぐことを決意していたとか!
理容店と言えども一人の経営者。高校は将来を考えて商業高校へ進みスポーツと勉学に励んでいた。その後は理容専門学校へ進み、卒業後は更なる向上を目指し他の理容店へ8年間の修行をしていた!
そして4年前に4代目を継ぎ、店名を「理容西島」から「Hair space Crowd」へと改名し、お店も全面的にリフォーム。4代目のスタートが始まり現在に至っている。
特集ページへ

全盲の柔道家 長船 貢さん(32歳)

全盲の柔道家 長船 貢さん(32歳)
2006年初頭より、岡山武道館へひとりの全盲柔道家が稽古へ参加するようになった。岡山県立岡山盲学校の教員を務める長船 貢さんその人だ。
稽古へ参加していた当初はまだ無段であったが、毎週欠かさずに稽古へ参加していた長船さん、先日の昇段試験にて念願の初段に見事合格を果たした。
合格後も飽くことなく更なる向上を目指すため稽古を定期的に続けている。そんな長船さんを紹介していきたい。
特集ページへ

11 番 - 20 番を表示 (全 21 枚)  « 1 (2) 3 »